My Ship Clubマイ・シップ・クラブ

My Ship Club


―マイ・シップ・クラブのホームページへ ようこそ―

H.M.S. Swiftsure

イギリス 74門戦列艦 H.M.S. Swiftsure 1804年 (マイ・シップ・クラブ共同制作)


サイト更新のお知らせ

「トップページ」「お知らせページ」のコンテンツを追加し、月例会の開催の予定を更新しました。(2018年4月9日)

「トップページ」「お知らせページ」の月例会の開催の予定を更新しました。(2018年4月1日)

「トップページ」「お知らせページ」にJSMCC同好会作品展開催、月例会の開催の予定を更新しました。(2018年3月1日)

「トップページ」「お知らせページ」のコンテンツを追加し、月例会の開催予定を更新しました。(2018年2月1日)

「船のギャラリー」のページに新しいアルバムのコンテンツを掲載しました。(2018年2月1日)

「船の図書資料室」に書籍を数点追加しました。(2018年1月7日)

「トップページ」に”Le Renard”帆船模型教室のコンテンツを新しくアップしました。(2017年11月1日)

「サイトマップ」のページを追加してサイト全体のリンク構成を分かりやすくしました。(2016年8月1日)

月例会の開催予定

5月の月例会 :5月13日(日) 午後2時~4時
 池袋西口 
東京芸術劇場 小会議室7
6月の月例会 :6月10日(日) 午後2時~4時
 池袋西口 
東京芸術劇場 小会議室5
7月の月例会 :7月 8日(日) 午後2時~4時
 池袋西口 
東京芸術劇場 小会議室7
8月の月例会 : お休み

東京芸術劇場 
   

 

JSMCC同好会の作品展  - 2018年(平成30年) の予定-

第43回ザ・ロープ帆船模型展


 会期:2018年4月15日(日)~4月21日(土)     
開場時間:15日(日)  11:30~19:00
       平日・土曜 10:00~19:00


 会場:東京交通会館 地下1階 ゴールドサロン 


詳細は
https://www.theropetokyo.org/






同好会名 作品展名 開催期間 会  場 備  考
 ザ・ロープ・ヒロシマ  第28回 帆船模型展  2018年3月21日(祝)~3月26日(月) 東広島芸術文化ホールくらら市民ギャラリー 終了しました
 ザ・ロープ  第43回 帆船模型展  2018年4月15日(日)~4月21日(土)  東京交通会館B1F ゴールドサロン

☆☆ 市販されている帆船模型キットの作り方 Keith Julier 著作のご案内 ☆☆

Keith Julier 著の”The Period Ship HANDBOOK”は1992年からシリーズとして5冊発行されています。
このシリーズで取り上げられ、製作されたキットは40点になります。
市販のキットメーカーは”Amati” ”Artesania Latina” ”Biling” ”Corel” ”Caldercraft” ”Euromodel Como”
”Mamoli” ”The Mantua Group - Panart” ”Victory Model LTD”などおなじみのヨーロッパが中心ですが、
アメリカの”Model Shipway”のキットも何点か収録されています。
豊富な写真と図版・イラストを多用してステップ・バイ・ステップで製作工程とテクニックを詳細に解説しています。
巻末には模型製作のための基礎的な製作技術やコツ・ヒントを紹介しています。
すべてペーパーバック版で価格も安く、最近発行されたものはネットショップでも入手できます。
該当するキットを製作されているモデラーにはとても役立つ情報が載っていますので、ぜひ参考にしてください。

The Period Ship HANDBOOK The Period Ship HANDBOOK 2 The Period Ship HANDBOOK 3 The New The Period Ship HANDBOOK PERIOD SHIP
Kit Builder's Manual
 
< 掲載されている市販キット > キットの選び方から始まり、サンドペーパー、接着剤などの消耗品の特性・特徴、船体フレーム製作、外板・甲板張りからリギング作業など、完成までの工程を詳細にわたって製作中のキット模型写真を使って解説しています。完成品はカラープレートで掲載されています。
個別のキットの作り方のノウハウではなく、市販キットの一般的な製作テクニックについての解説書です。
1. The First Rate Royal William 1. The Royal Yacht
Caroline 1749
1. The 74-Gun Ship Bellona 1. H. M. S. Victory
2. The Thames Barge
The Will Everard
2. The French Frigate
La Renommee 1793
2. H. M. S. Unicorn 2. H. M. Cutter
"Lady Nelson" - 1800
3. The Faroes Yawl F. D10 3. An Armed Pinnace Circa 1803 3. The English Brig Portsmouth 3. H. M. S. "Mars"
4. The Amdrican Raider
Hannah
4. A 15th-Century
Portuguese Caravel
4. The See Ewer Elbe 4. "Endeavour" - J Class - 1934
5. The French Goelette
La Toulonnaise
5. The Three-Masted Schooner
Sir Winston Churchill
5. The Spanish 17th Century
104-Gun Ship San Felipe
5. The Armed Transport
"Bounty"
6. The Brandenburg Frigate
Berlin
6. A Portuguese Bomb Ship
Lancha Bombardiera 1798
6. H. M. S. Bounty's Jolly Boat 6. H. M. S. "Agamemnon"
7. The Spanish Man-of-War
San Juan Nepomuceno
7. The Clinker Built Rowing Boat
Holly
7. H. M. S. Victory - Main Section 7. The English Carronade
8. The American
U. S. S. Constellation
8. The Hermaphrodite Brig
Le Hussard 1848
8. The Pride of Baltimore II 1988 8. H. M. Barque "Endeavour"
9. The American Whaling Ship
Charles W. Morgan
9. The Yacht
Britannia 1893
9. The Armed Transport Bounty 9. H. M. S. "Victory's Launch
10. A Square-Sterned Whaleboat 10. A Frontiersman Canoe 10. The American Whaling
Brig Viola
11. A New Bedford Whaleboat

☆☆ 「船のギャラリー」に新しいアルバムを掲載しました !!  ☆☆


「船のギャラリー」のページに元会員であった高橋秀郎氏の遺作2点を『マクロとミクロの魅力 高橋秀郎遺作アルバム』として掲載しました。
じっくりと時間を掛けて丁寧に製作した手作り部品とその技術は見る者に大きな感動を与えます。どうぞページの扉を開いてご鑑賞ください。

個展開催の時の案内はがき フランス海軍74門艦とHMS.ビクトリー


フランス74門艦(Jean Boudriot "Le Vaisseau de 74 canons"より製作) HMS.ビクトリー(セルガル図面とJohn McKay "The 100-gun ship Victory"より製作)

☆ 「Le Renard(レナード)」 帆船模型製作教室を開催しています !! ☆ 

当クラブでは会長自宅の「帆船工房」を会員に開放し、9月から月2回開催の予定でアルテサニア・ラティナ社(スペイン)の”Le Renard”の模型製作教室を開始しています。”Le Renard”はフランス海軍の1812年進水、70トンのカッター艦で、8ポンドカロネード砲10門、4ポンド砲4門を搭載し、乗組員46人とされています。全長61.5cm、全高56cm、全幅23.8cmの小型の模型ですが、マニュアル通りの製作技法だけでなく、アップグレードなどにもチャレンジしていく内容で製作を進めていく予定です。この模型製作教室の実習の様子の一部をご紹介いたします。


キット付属のマニュアルの表紙


"Le Renard" 帆船模型教室の実習の様子 --- 参加会員は数名


製作勉強会の参考資料(会長作成)


甲板材のプランキング工法 3種類 組立用船台の治具図面
(注)キットには付属していません。どちらも当クラブのオリジナル図面です。


キットのマニュアルは7ヶ国語で記述されており、英文の箇所をすべて和訳

☆ 日本郵船歴史博物館 企画展 開催のお知らせ ☆ 


   「ならべて積んで半世紀」

       ~~コンテナ船の歩み~~

   開催期間:4月28日(土)-7月16日(月・祝)

   企画展関連イベント

  ■講演会「コンテナ船事業の発展と再編」 6月14日(木)
  ■講演会「最先端を追い続ける船」     7月 5日(木)

  ■明治150年特別講演会
     7月7日(土)・8月18日(土)・9月29日(土)

  ■小中学生向けイベント
    *船のブロック教室
    *海図体験教室
    *コンテナターミナル見学

      企展の詳細については下記の
      ホームページにアクセスしてください。

     URL=http://www.nyk.com/rekishi/

-下記の企画展は間もなく終了となります!-


      「グランブルーの静寂」

           ~~もうひとつの氷川丸~~

     開催期間:1月20日(土)-4月22日(日)

      - トラック環礁に沈む姉妹船「平安丸」の姿 -

    企画展関連イベント

  ■講演会「トラック諸島の記録」(要・予約/先着順) 2月3日(土)


  ■氷川丸でスナップ(要・予約/先着) 3月2日(金)・3月3日(土)


  ■ギャラリートーク(予約不要/先着順)


      企展の詳細については下記の
      ホームページにアクセスしてください。

     URL=http://www.nyk.com/rekishi/

第18回 「帆船模型作品展」 -大海原のロマン・帆船の世界展- を開催しました !!


10月13日(木)~16日(日)の4日間、東京・池袋西口のオレンジギャラリー「第18回 帆船模型作品展」を開催しました。会員の出品作品 37点の他にJSMCCのメンバーである「ザ・ロープ」と「横浜帆船模型同好会」からは 4作品、そして「商船模型同好会」からは 3作品の友情出品のご協力をしていただきました。
今回はイギリスの模型メーカーJoTika社の「HMスクーナー ピクル」を神戸の通販会社マイクロクラフトから共同購入し、毎月開催する定例会でスクーナー船の研究しながら模型製作を進めてきました。その製作工程は「HMスクーナー ピクルを作る」のサブ・ページに詳細写真を掲載してご紹介しています。
帆船模型同好会、帆船模型ショップのホームページでの案内等の反響があり、来場者は前回よりさらに多く大盛況のうちに無事終了することが出来ました。たくさんの方々のご来場、本当にありがとうございました。
「船のギャラリー」のページに出品作品の画像を掲載しましたので、ぜひご覧ください。

木製帆船模型同好会「ザ・ロープ」の作品展来場のブログもご覧ください。
URL=http://blog.livedoor.jp/theropetokyo/archives/cat_818240.html

「青葉モデルシップ愛好会」のブログに当作品展の訪問記がアップされていますので、こちらもぜひご覧ください。
URL=http://blog.livedoor.jp/bottleship/archives/51534306.html

オレンジギャラリー(作品展の展示会場)のサイトに「第18回帆船模型作品展」の展示会風景が掲載されています。
URL=http://www.e-tamaya.biz/og/exhibitions/exhibition_20161013.htm





ホームへ戻るボタン
ページトップへ戻るボタン