My Ship Clubマイ・シップ・クラブ

My Ship Club


新会員の入会申し込みを受け付けています、 事務局までご連絡ください...!!!

《 大航海・発見の時代の偉大な航海者と帆船の切手 》 ラオス共和国発行
①ペドロ・A・カブラル ②ジャック・カルティエ ③フェルディナント・マゼラン ④キャプテン クック
ポルトガル、1500年3月に13隻の大船団でインドへ向けてリスボア港を出港し、南アメリカのブラジルを発見。「真の十字架の地」と名付け、領有を宣言。その年9月にインド・カリカットへ到達。大量の香辛料を手に帰国。 フランス、インドへの最短距離とされる「北西航路」の発見のため1534年サンマロ港を出港。北米ニューファンドランド島を発見し、セントローレンス川を遡行、ケベックを経てモントリオールまで達するが激流に阻まれる。 スペイン、1519年9月西回りでの香料諸島の航路を求めてサンルーカルを出帆。マゼラン海峡を発見し、太平洋に出たが、フィリピン・セブ島近くの島でマゼランは殺害される。その後ヴィクトリア号一隻だけが母港に帰着。 イギリス、1768年8月エンデヴァー号は「金星観測」を目的に世界一周大航海へとプリマス港を出帆。第一次航海ではタヒチ、ポリネシア諸島など南太平洋を探検し、ニュージーランド、オーストラリアを経てインド洋からイギリス帰港。
エル・レイ号 グランデ・エルミン号 ヴィクトリア号 HMSレゾリューション号

(「大航海の世界地図」青春出版社発行より一部引用)


マイ・シップ・クラブに関するお問い合わせは...   

(事務局) 電話・FAX : 03-3936-8413  

                 住  所 : 〒174-0065 東京都板橋区若木1-21-12

薄 井 三 男



世界の三大記念艦シリーズ テレフォンカード
H.M.S.Victory U.S.S.Constitution 記念艦 三笠

「船のギャラリー」のページに「テレカの部屋」(リンクページ)を新設しましたので、こちらもご覧ください。